2018年02月08日

文京区和食給食の日

今年度三回目となる和食給食を、文京区の小中学校が一斉に実施しました。
冬が旬の食材であるぶりや大根、小松菜、人参などを使った献立は、季節を感じられるとともに、旬の味覚を味わえる給食でした。子供たちからは、「お魚(ぶり)おいしいです。」「もう全部食べました。」などの声を聞くことができました。
また、「和食はすべて箸で食べる」ということに着目した取り組みでもありました。子供たちが、上手な箸の持ち方を確認しながら食べている姿もみられました。